歌うことへの想いと納得のパフォーマンス/第21回定禅寺ストリートジャズフェスティバル

 一年の音楽活動の中で最大のイベントである定禅寺ストリートジャズフェスティバル。9月10日、11日の両日大震災を乗り越えて開催されました。

 私はと言えば今年は「Lips!」と「Petit Birthdays」の2組で出演できることになり、例年以上にドキドキしながらも楽しみにしていました。

 しかし、前々日になって「Petit Birthdays」の歌声担当K嬢から「急性の咽頭炎でほとんど声が出ない。。。」とのメールが・・・
 奇跡を信じて当日の朝まで待ちましたが彼女の伸びのある声は戻っておらず、電話で彼女の声を聴いて、「ステージをキャンセルしよう。」と伝えました。年に1回、しかも来年は出演できるかどうかもわからない舞台ですからショックだったと思います。「1曲でもいいから歌いたい」という彼女の気持ちを聞いているだけに涙が出ました。正直Lips!のステージをやっている間もこのことが頭から離れることはありませんでした。

 救いは、この先彼女が歌えるステージがまだ残っていること。そちらで定禅寺ストリートジャズフェスティバルの分まで演奏しようと思います。



 さて、そんなことがあった一方でLips!は青葉区役所南側ステージのトップバッターを務めます。紅白歌合戦でいえば「浜崎あゆみ」や「EXILE」のポジションですね(笑)。そのステージが1日盛り上がるか否かは我々の演奏にかかっていると言っても過言ではありません(違)。
 朝は雨模様だったのですが、なんとかセッティングを開始する頃には雨も上がり2年連続の雨中ライブは避けられました。

 そして11時。Lips!の演奏がスタート。今回は演奏し慣れた曲を中心に選曲しているので、みんなリラックスして演奏しています。音のバランスもGOODでした。全体的には昨年よりはちょっと落ちるかなあ、とは思いますが
昨年の出来が非常に良かっただけに、今年も十分納得できるパフォーマンスと言えると思います。各方面からもありがたいことに、たくさんおほめのお言葉をいただいきました。あとドリンクの差し入れなども頂戴しました。ありがとうございます。来年はビールをお願いしたいです(笑)。

画像

 
 撮影したビデオを一通り見た限りではツッコミどころはそれほど多くなかったですね。個人的には音としては八分音符ひとつなんだけど、「いけないプレー」がありました
普段は絶対に間違わないところなんですけどね~・・・先に書いた件が頭にあったことも影響しているのかもしれません(言い訳)。

■セットリスト

1. リルラ・リルハ
2. サンダーガール
3. LADYBUG
4. こいのうた
5. ありあまる富
6. MONSTER TREE
7. 流星ミラクル
8. 終電マスター

 終了後はお約束の打ち上げ。打ち上げまでがライブです。キャンセルの悔しさもあったので結構飲みました。結局日曜日の夜にもかかわらず0時を過ぎてしまいました。


 すっかり恒例になった夏の3週連続ライブもこれにて終了。

 例年はこれでライブ強化月間もひと段落ですが、今年はまだ続きます。詳しくはまた。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Ken
2011年09月14日 18:44
ジャズフェス、お疲れさまでした!
いろんな意味で想い出に残る今年のジャズフェスだったね。
でも、彼女の気持ちはよく分かるねぇ~。来年は万全の状態で臨めるようお祈りしてます。

「いけないプレー」は俺もあったけど聴いてる人は気付いてないから大丈夫!(笑)
あそこで、ズルズルと構成間違いに陥らなかったことが数年前からな成長の証だね(笑)

来年も出たいね~!

くぼちゃん
2011年09月19日 10:03
>kenさん
お疲れ様でした!

確かにいろんなことがあったJSFでした。
まだ一週間しか経ってないけどずいぶん前のことのような気がしてます。

DVDは目処がついたのでお楽しみに
Live Attackのも間に合わせようと頑張ってます。

来年に向けて、精進しましょう!

この記事へのトラックバック