納得と反省の定禅寺ストリートジャズフェスティバル2016

 今年も年に一度のビッグイベント、定禅寺ストリートジャズフェスティバルがやってきました。今年は2012年以来の2ステージ、Petit BirthdaysとLips!の二組での出演です。

画像


■9月10日(土)
 この日はLips!のステージ。Lips! は実は通常の出演者応募では残念ながら落選していました。ところが事務局側からステージ追加によるオファーがあり出演が決まったのです。言ってみれば敗者復活、こんなこともあるんですね。
 
 今回のステージは春先はお花見会場として酔っ払い天国ととなる「西公園お花見広場」。昨年まで無かったステージのようです。
 幹線道路の交差点に近いところですが広々としていて開放感抜群、しかもこの日は好天に恵まれ気温も30℃+、客席用のベンチがあり飲食ブースまであるという野外ライブのためのようなシチュエーション(笑)。しかもボーカルだけではなく各楽器ともPAで拾ってもらえ、モニターまであるという定禅寺ストリートジャズフェスティバルでは限られたステージでしかありえない音響・・・これで気分が盛り上がらないわけが無い!

 そして12時50分、Lips!のライブがスタート!

画像


【セットリスト】

1. サンダ―ガール
2. MONSTER TREE
3. LADYBUG
4. ROLLIE
5. ありあまる富
6. 終電マスター
7. 今すぐKISS ME

 各々ミスはあったけれども、1度野外ライブ(トリコローレ音楽祭)を経ることで本来のLips!のパフォーマンスに近いところまで戻ってきたかな~と思っています。特にボーカルmey嬢がかなり良いパフォーマンスでしたね。
知人がたくさん観にきてくれたのも嬉しいけど、それ以上にたくさんの人に足を止めていただいてありがたい限りでした。

 Lips!は「打ち上げが終わるまでがライブ」というポリシーの元に活動しており、当然のことながら夜再集合して打ち上げ。いつものように酒を飲みながらライブのレビューを語り合い、楽しい夜を過ごしました。



■9月11日(日)
 この日はPetit Birthdaysのステージ。

 今回のステージは2013年に演奏させていただいた「仙台市ガス局ショウルーム」。2013年は雨の中での演奏だったなあ~、などと思っていたらこの日もちょっとハッキリしない天気。天気予報では曇りなので大丈夫だと思っていましたがライブが始まる前に細かい雨が降り始めました。

 そんな中11時00分、Petit Birthdaysのライブがスタート。知人もたくさん駆けつけてくれました。ステージのトップバッターなので、サウンドチェックの時間も十分あったし、昨年ほど緊張していないし今年はそれなりのパフォーマンスができるだろうと思っていたのですが・・・やはり練習不足はごまかせませんね

【セットリスト】

1. 花咲く旅路
2. いつも何度でも
3. さよならの夏
4. 悲しくてやりきれない
5. 木蘭の涙
6. 少年時代

画像


 3曲目の間奏のソロがぎこちなくなってからボロボロになりました。歌のバックはそれなりに良かったのですが各曲ソロの部分がダメダメ。K嬢、ゴメン!どっちかというとメンタルを鍛えたほうが良いのかも(笑)。


 Petit Birthdaysの演奏が終わったあとは、オーディエンスとして勾当台公園近辺、錦町公園あたりをダイジェスト的に回って帰宅。ホントはもう少し観て歩きたかったところですが、2日連続のライブでの「燃え尽きた感」と、車で来てたためビールも飲めずだったので・・・

 そんなこんなで納得感と悔しさの残る2016年の定禅寺ストリートジャズフェスティバルが終わりました。このイベントが終わると仙台も本格的に秋になっていきます。

 そして私のライブはまだまだ続きます。
 Petit Birthdaysは9月25日(日)「とっておきの音楽祭 In くりはら」にお邪魔します。


(記:2016.9.16)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック